« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月25日 (土)

港町純情オセロ@劇団新感線

5月14日(土)、赤坂ACTシアターで、劇団新感線の舞台「港町純情オセロ」を見てきました。
橋本じゅんさんが病気のため舞台を降板し、治療に専念していたんですが、このたび見事復活!
主役のオセロです。
物語は一応シェイクスピアの「オセロー」を下敷きにしているんですけど、1930年代の関西の架空の街を舞台にしたヤクザの物語になっているところがおもしろいw
脚本は、以前、青山劇場で上演された、森田剛君主演の「IZO(以蔵)」を書いた青木豪さん。
「IZO」はいのうえ歌舞伎だったので、かなりストレートプレイの時代劇でしたが、今回はあくまでも新感線らしさを出した感じ。

笑って泣いて、ギャグあり、歌あり、殺陣あり、ドラマありという・・・。

続きを読む "港町純情オセロ@劇団新感線" »

2011年6月24日 (金)

お誕生日プレゼント(今ごろ・・・・w)

私の誕生日は4月でございます(キッパリ)

いろいろいただいたのですが、ご紹介がすっかりおそくなり・・・・申しわけございませんっ(^_^;)

カメラにはまっていることを知っている後輩Aさんからは、カメラ柄のバンダナに包まれたかわいいプレゼントをいただきました。

P4020519blog

続きを読む "お誕生日プレゼント(今ごろ・・・・w)" »

2011年6月23日 (木)

「コラボレーション」@加藤健一事務所

2月27日(日)に、加藤健一事務所公演「コラボレーション」を見てきました。

ストーリーはこちら→★http://homepage2.nifty.com/katoken/77-story.html

1931年のドイツ、作曲家リヒャルト・シュトラウス(加藤健一)と作家シュテファン・ツヴァイク(福井貴一)の物語です。

ナチスが台頭してきた頃のドイツのお話で、笑いもあるけれども、だんだんと文化が弾圧されていく中で、芸術家がどのように生き抜いていったのかというようなお話でした。

ツヴァイクはユダヤ人だったため、偉大な作家シュトラウスでさえも、彼を守ることができなかったのです。

また、シュトラウスの息子の妻がユダヤ人で、当然、孫もユダヤの血を引いている。家族を守るために彼がとらなければならなかった行動とは。

続きを読む "「コラボレーション」@加藤健一事務所" »

2011年6月22日 (水)

トップカラーライブ@3月&4月

全然更新できてなくて、今ごろですみません(^_^;)

3月18日(金)、トップカラーライブがありました。
このときは、震災直後だったこともあって、ゲストはいなかったのですが、社長さんが岩手出身とのことで、東北へのチャリティーライブとあいなりました。
お客さんも、余震が続く中、ほぼ満席状態。
入場料は募金箱へ入れる仕組みになっていましたが、なんと、社長さんがポケットマネーで、募金してくれた人にチョコレートをくださったんです。
申しわけないので、募金をふやしてきました(^-^)
こんな時期にお笑いライブをやるのは・・・・という逡巡もあったようですけど、芸人さんたちも気合いの入り方が違ったんでしょうか、すごくすてきなライブでしたよ。

P4171386blog

続きを読む "トップカラーライブ@3月&4月" »

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »