« デューンのマグ&ラムカンフルール | トップページ | 歌舞伎座もあと少し »

2010年3月23日 (火)

EOS・kissX4使い方講座 inEOS学園

えー、すっかりオリンパスのPENユーザーのくせに、どーしてもEOSにちゃんと触ってみたくって、EOS学園の初心者向け講座に参加してきました。

出たばかりのEOSkissX4の使い方講座です。

EOS学園は銀座にあります。歌舞伎座のすぐ近く、みゆき通りからちょっと入ったところです。

朝10時から13時までの3時間。講師は日下潤一先生でした。

P3220306mojiwaku

もちろん私はEOSを持っていませんので、貸し出しサービスを利用しました。定員は20名までですが、この日は私を入れて5人w

しかし、5人のうち3人の方は自分のkissX4をお持ちの方で、もうお一人はフィルムカメラをやっていたという女性。カメラを借りているのは、その女性と私だけです。

全くの初心者は、子供に勧められてX4を買ったばかりという年配の女性と私だけでした。男性は1人でしたが、X4を買ったけど、全自動で撮っているってw

なので、皆さんとりあえずカメラに触ったことがある方ばかりなので、スムーズに講座は進みまして、皆さんが知りたいことを先生が聞いてくださったんですけど、2匹の犬を撮るにはとか、動いている孫を撮りたいとか、使い方講座という割には、レベルが高いんですよ。

私の質問も、後ろをぼかして花を撮りたいとか、マクロレンズを使うときの注意点とか聞いちゃったりして~。

一眼レフ持ってない者の聞くことじゃないだろっていうwww

でも、日下先生は、基本を教えつつ、とっても丁寧に答えてくださいまして、すごくわかりやすかったです。だって、何でも聞いていいっていうんだもんww

もちろん、電池の入れ方や構え方から説明してくださいました。その辺は、私は一眼レフは初めてですので、基本は押さえなきゃ、です。

で、まずは、1か月~半年くらいは全自動でとにかく撮ってみるとのこと。

それに満足できなくなったら、風景とかポートレート、スポーツシーンなどの、ダイヤルについているモードで撮ってみる。

このモードの設定というのは、すごくよくできているんだそうです。

先生がご自分でスポーツシーンを撮るときに、あれこれ考えて決まった設定が、スポーツシーンモードと一緒だったりするんですってw

だから、これはすごくよくできているんですよっておっしゃってました。

追尾AFもやってみました。動く先生を撮る。おもしろーいw

それでも何か足りないなあと思ったら、絞り優先とか、シャッター優先とか、露出(明るさ)を変えてみたり、自分でいろいろ工夫すればいいとおっしゃってました。

テキストに沿ってそのやり方も教えていただきつつ、人物を撮るときはこう、花を撮るときはこう、動くものはこうというように、被写体に合わせた撮り方のコツを少しずつ教えてくださったんです。

構図を決めるときはこんなふうに、とか。

お話も楽しくてわかりやすいので、講座もとても楽しかったです。

生徒の皆さんもフレンドリーで、わからないときは教えっこしたりして。スタッフの方も一名ついてサポートしてくださるので、5人で受けられたのは、かなり贅沢ですねw

kissX4の機能もバッチリわかりました。もう動画も撮れるよんw

しかし、やっぱり重いのは重いです。借りたカメラについていたレンズが17-85mmのレンズだったこともあるのですが、大きくて~。

他の方はご自分のカメラですから、レンズも軽いものをお持ちなんですよw

3時間持っていたら、さすがに手が疲れたw

でも、ファインダーをのぞいて撮るのも楽しいですね。なんてったってAF速いし!!(爆)

X4はライブビュー撮影もできるのでやってみましたが、やっぱりそうなると遅いわけですw

なんだ、これならE-P1も一緒じゃーんとか思ったりして。

ファインダーがあるとないとじゃ、全然違いますね~。

普通の一眼レフと、マイクロフォーサーズのPENの、どちらのよさもよくわかった、有意義な講座でありました。

マクロレンズの撮り方もちらっと聞いてきたので、今度のオリンパスのお花講座のときにも活用してみようっと!

何しろ、今度受けるお花講座はレベルⅡなのに、いきなり撮影ぶっつけ本番なんですから!!

実はこの後、歌舞伎座を撮影に行きました。その途中で、何とオリンパスのカメラ講座(中目黒)で講師をしてくださった、鶴巻育子先生にばったり会いました!

思わず「鶴巻先生!!」と声をかけてしまいましてw

先生も覚えていてくださって、お話しましたら、教材探しに写真を撮りに来ていらっしゃるんだそうです。

お邪魔してもいけないので、ごあいさつしてお別れしましたが、講師も大変ですね。

もうすぐ取り壊しになる歌舞伎座、E-PL1のいろいろなアートフィルターで撮ってきましたので、今度ご紹介しますね。

下は、一応持っていったPEN・E-PL1&20mmで撮った、近くのおうちの花です。

これ、なんでしょう?梅でもない、桜でもない・・・・杏かしら??

P3220279mojiwaku

もう夕方だったので、こんな感じになりました。

長文をお読みくださって、どうもありがとうございました。

« デューンのマグ&ラムカンフルール | トップページ | 歌舞伎座もあと少し »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

CANONも素晴らしいですよ~^^。
Kissもどんどん進化してるようです。
DX,X2を使いましたがX4はシャッターが
小気味良い感じです!
お奨めですぞ~~~笑。

いいね~~~
私もやっぱり一度ちゃんと先生にカメラを習いたいな~
・・・すでにかなり型遅れなんだけど、、、
やっぱりファンダーを覗いて撮るのっていいでしょww
自分の視線と対象物がちゃんと一直線で結ばれている感覚が大好きです。

・・・日下先生、かっちょえ~
関西校にはこんなかっちょええ先生いなかった

★tonoさまへ
連写もしてみたんですが、確かに、あのシャッター音はくせになりますねw
ファインダーをのぞくのも楽しいです。
でも、大きいレンズを持つには腕力が足りないみたいでw
鍛えないとだめですね~(^_^;)

★カスピちゃんへ
EOS東京校は先生もたくさんいるのですが、結構オリンパスの講座とかぶってる先生もいるのですよ。
日下先生はオリンパスにはいらっしゃらないけど、今度習うネイチャーフォトの並木先生は、オリンパスでもキャノンでも講師をしていらっしゃいます。
マクロレンズ講座などをしてるんですよ。
日下先生、かっこよかったですw

光学ファインダーで撮る一眼レフも楽しいね~。

PEN用の電子ファインダーも買ったのだけど、まだあんまり使ってなくて。
どうもPENだとコンデジみたいに撮ってしまいますw
いろいろ本も読んだのですが、やっぱりちゃんと教えてもらうと頭に入りやすいですね。
あとは、もっとたくさん撮るのが課題かな。
なかなかふだんの日は時間がないですからねえ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« デューンのマグ&ラムカンフルール | トップページ | 歌舞伎座もあと少し »