« しいたけの明太マヨ&チーズ乗せと蒸し焼き芋♪ | トップページ | メジロの子? »

2009年8月 1日 (土)

胃の内視鏡受けてきました~

8月1日(土)、ネットで探した、胃の内視鏡専門のクリニックで胃カメラ受けてきました。

何しろ初めてだし、とにかくオエッってなるのはいやだったので、寝ている間にやってくれるっていうところを探したのです。

鼻から入れるタイプもあったんだけど、私、鼻の粘膜が弱くって、結構血が出やすいので、それは避けようと思って。

で、成城学園にある、とよしまクリニックにw 家から電車を乗り継ぎ、40分程度で着きます。

ここは私が読んでいる雑誌にも出ていたみたいだし、久しぶりに小田急線に乗るのもいいかな~なんて思いまして。coldsweats01

小田急沿線に住んでいたのはもう8年くらい前なのですが、緑が多くて、好きな沿線です。

久しぶりの成城学園前駅は、新しい駅ビルもできてきれいになっていましたが、昔からあるお店もあったりして、懐かしかったです。

朝8時半の予約だったので、8:15に来るようにと言われていたのですが、ちょっと早く着きすぎちゃって、20分くらいあたりをぶらぶら。まだ病院の玄関があいてないんだもんw

きょうは涼しかったので助かりました。でも、予約の患者さんが結構いるみたいで、しばらくしたらすぐに病院の待合室もいっぱいに。人気があるんですね。

成城の一等地にあるこの病院、一見、普通のおうちみたいなんですけど、横の方に小さな入り口がw スタッフの入るところかと思ったよ。

よく見ると、玄関に診療時間が書いてあるので、ここが入り口なんだとわかりましたが、本当にささやかに「とよしまクリニック」って書いてあるのw

ちゃんと看板はあるんだけど、本当にここ?って思っちゃいます。成城だからかなあ。

周りは大きな豪邸が建ち並ぶ、閑静な住宅街ですからね。駅から3分で、立地も申し分なし。私は一番だったので、ほとんど待ちませんでした。

さて、検査ですが・・・・・。

まず名前を呼ばれて入ると、事前に書いておいた体調チェックなどの紙に基づいて看護師さんにいろいろ聞かれ、血圧をはかり、一度戻って待合室で問診票に記入をして、その後、M先生の診察。おなかに聴診器です。何年ぶりだろw

そこで、内視鏡をどのような方法でやるかを決めました。

内視鏡のほかに、M先生から超音波検査も勧められました。子宮はあるけど、ほかの内臓のエコーは一度も受けたことがないと言いましたら、エコーをするとほかのところもチェックできますよと言われまして、せっかくならと、それも追加してもらいました。

エコーと内視鏡は、最初の診察とは別の先生がやってくださいました。予約すると送られてくる紙に書いてあったS先生です。(状況により担当が替わることもあり)内視鏡専門の方みたいです。

別室で使い捨ての検査着(1000円)に着替え、下はジーンズのままでOKでした。かぎつきのロッカーもあるので、着替えたものや荷物は全部そこに入れられて、便利でしたね。

検査着は使わないのも選べるので、その場合は汚れてもいいTシャツなんかを持っていくといいみたいです。でも、ゼリーとか塗られると、やっぱりどこかにつくような気がするので、検査着の方が安心ですかね。不織布でできている検査着でした。金属がついていないキャミソールなどは着ていていいらしいので、たくし上げられればいいみたいです。

まずは超音波検査から。

おなかに造影剤でしょうか、ゼリーを塗って、内臓のエコーです。私は寝ているので画面は見られないんですけど、先生が気になるところをチェックしていました。そこで、大体の所見を言われました。その後、ゼリーをふき取ってもらい、いよいよ内視鏡です。

私は口から入れるほうにして、「麻酔法」でやってもらいました。のどに麻酔の薬をスプレーしたり、口に麻酔の液体を含んだ後飲んだりもするんですが、点滴で鎮静剤と睡眠剤を入れるんです。

まずは、B型・C型肝炎検査のために採血をしました。

点滴は初めてでしたが、どうも血管が細いそうで、右では入らず、左でようやく入りました。いつも健康診断の採血では左でぶすっとやられて何の問題もないんですが、採血の針って太いから痛いんですよね。

でも、痛くないところを探してくれたのかな?ベテラン看護師さんみたいでしたが、本当に痛くありませんでした。採血のとき刺したところに点滴をつないでいましたが、動かしても全く痛くなかったです。点滴ってそういうもんなのかしら・・・・?coldsweats01

エアコンがきいていたせいもあって、結構体温が低かったのかも。血圧も上が100くらいだったし。何も食べていないから、血圧上がらないんですよねw ふだんはもう少し上なんですが。会社の健康診断でも、食べていないとそのくらいなんですよね。だから、血管が見つけにくかったのかな。

一応、のどにスプレーとか麻酔薬を口に含んだりしたけれど、あれくらいじゃ絶対オエッてなりそうだったなー。

で、点滴されたまま横になってしばらく待ちました。その後、口にマウスピースみたいなのを加えた後、もう全然覚えてませんw

直前まで、先生が「初めてですか~?気を楽にしてね。息はできますからね~」なんてやさしくおっしゃっていたんですが、その後のことは全く記憶にありません。coldsweats01

耳元で看護師さんが「終わりましたよ~、大丈夫ですか?」って声をかけてくれて、ようやく気がつきました。あれ?私寝てたの?てな感じですw

実は、早起きして行ったもので、すごく眠かったこともあるんでしょうか、それとも睡眠剤が効いたのか、本当に終わったの?って感じ。のどの違和感も全くなかったです。

唇をしっかり噛んだのか、ちょっと白くなったところがあって、それで辛うじて検査をやったんだなあって実感があったくらい。

そういえば、子宮筋腫の手術のときに、全身麻酔だと管を噛み締めて歯が欠けるとか、そういう人もいるって言っていたから、麻酔で眠ってしまうと、自分で制御しているところができなくて、いつもと違う力で噛んじゃったりするのかもしれませんね。

結果は、胃の方は全く問題なしでした。多少萎縮はあるみたいですが、きれいですよ~と言われました。

もっとも、最初に会社の健診のペプシノーゲンの結果を持っていって先生に見せたときに、これくらいだったら何もないかもしれませんって言われたんですよね。なんだよーw

ただ、私は身内にがんで亡くなった者がいるので、一応チェックした方がいいということで。人間ドックもやったことないしね。

Cimg4731

こんなのくれましたw 自分で見ても、何もなくてきれーだわ~と思ってしまいましたw

ちょっと白っぽくなっているところが萎縮らしいです。萎縮、つまり老化ですけどw

ただ、もたれたりするのはあるので、やっぱり余り暴飲暴食はもうだめってことですね。

ただ、エコーの方で、肝臓にちょっと気になるものがあるそうで。多分血管腫じゃないかなあと言われましたが、MRIで調べた方がいいそうなので、次回相談することになりました。

あと、胃に萎縮がある場合、ピロリ菌に感染しているとがんになりやすいそうなので、ピロリ菌検査(自費)をしてもらうことにしました。

Cimg4733

子供のとき以来かな、検○・・・・w

まずはこれをやって、結果が出るころにまた受診です。肝炎の検査もしたから、それを見て、結果によってはMRIなのかなあ。

MRIか~、やったことないんですが、ここにはその施設がないらしいので、紹介状を書いてもらって、またどっか行くのね。。。。。_| ̄|○

すべて終わって、大体10時半くらいに病院を出たので、ほぼ2時間ですね。内視鏡の写真の時間を見ると、実際胃の中に入っているのは5分程度で終わるみたいです。麻酔から覚めるまで30分程度は寝ているのかも。起きるとまだふらふらする感じでしたね。

内視鏡に至るまでに、麻酔をいろいろやって準備に時間もかかるし、それくらいはかかるんでしょうね。

ネットで見ると、肝臓の血管腫っていうのは、良性の腫瘍らしいんですね。子宮筋腫もそうだけど、どうもいろいろためやすいのね、私って。。。。。

小さいときからおできができやすいタイプなんです。5歳くらいのときに腕にできたのを切除してるし、ほかにも2回ほど切ってるんですよ。

最近は外にできてないんだけど、中にできてるのかw

全く、だんだん体のメンテナンスにもお金がかかるのであります。think

ま、ポリープとか胃潰瘍とかじゃなかっただけ、よしとしよう。

女性検診も受けなきゃいけないけど、去年も9月の終わりだったし、秋まで延ばすか。

« しいたけの明太マヨ&チーズ乗せと蒸し焼き芋♪ | トップページ | メジロの子? »

病院日記」カテゴリの記事

コメント

何事もなくて本当によかったですね。
ぺんたさんの記事を読んで、検診はしなくっちゃって
思うようになりました。
主婦って健診がない人がほとんどだと思いますが
私はQさんの会社から家族健診が受けれるようになってて
毎年9月に受診しています。
いつもは一般健診だけですが、今年は40代にも突入したことだし
他の検査もしようかと思っています。

★okayaさんへ
そうですね~、面倒だけど、受けられる制度があるなら、受けておいたほうがいいですよね。coldsweats01
会社の健診は義務付けられているので受けないといけないのですが、そこで要精密検査と出た場合、病院に行って異常なしともらっておかないと、例えば保険に新しく入りたいとか、そういうときにチェックされちゃうんですよね。ヘタをすると入れないとかになっちゃうので。

去年も要観察と言われたので、ことしは精密検査を受けに行きましたが、何事もなくてよかったです!
でも別に、胃がいつも痛いとか、そういうのもないし、(たまにストレスがたまるとキリキリしますが)便秘もないし食欲もあったので、これで調子が悪いとかってあるのか?と思ってましたw

肝臓の腫瘍なんかは、外からじゃわからないですよね。
M先生がすごく遠慮がちに「超音波検査受けてみます?」みたいな感じだったので、本当に必要ないならやめようかと思ったんですけど(^_^;)
受けてみてよかったですね。

胃、異常なしでよかったです。
内視鏡検査、麻酔してもらうとラクなんですね。
私はまだ受けたことがないので、胃カメラを飲まないといけないときは
麻酔を希望することにします^^

ほんと、体のメンテに時間もお金もかかるようになってきました;;
だけど、大事なカラダ、健康が一番ですから、お手入れして
大切に使っていきたいですね。

私も女性健診を受けに行かないと・・・

★カスピちゃんへ
普通だと、麻酔スプレーと経口麻酔薬だけなんでしょうね。
あれじゃ私はきっとだめだ・・・・w
麻酔薬を2分くらい口に含んだ後飲み込むんですが、歯医者の麻酔みたいに感覚がなくなる感じ。でも、のどの奥の方はまだきいてなかったので、このまま何か入れたら絶対だめ!と思いましたw
点滴で麻酔薬を入れたほうが絶対ラクチンですよ~。次も絶対これにします。

後輩は、鼻から入れるのも楽だと言ってました。耳鼻科とかで鼻に管を通すのがなれているなら、それもありかな。私はだめなんですけどw

胃の検査、なんともなくてよかったですねhappy01
胃カメラって、ほんと、おえぇ~ってなりそうでいやなの・・・
麻酔するといいのね?
ともかく、検査は大事ですね・・・
怖いけど検査しなきゃね・・・

ぺんたさんいいとこ見つけましたね。
いつか胃カメラを飲まなくならない状況に
なった時ほこの記事を参考にします。
寝ているうちに終わってしまうならいいよね!
バリウムはまだ我慢できるけど胃カメラだけは
恐ろしくて~(@Д@;
でも検査はきちんと受けておいたほうが安心できるもの!
まさにドッグですよね!

★ゆのまさんへ
内視鏡を受ける前から、先生がペプシノーゲンの値を見て「何もないかも」とおっしゃってくれたので、割と気楽に受けられましたね。

のどの麻酔だけじゃなくて、点滴で入れるので、全身麻酔になりますね。ボーっとした感じで多少意識が残る方もいるみたいですが、私は爆睡してしまいましたwもともと眠かったっていうのもあるんですけど・・・coldsweats01
ついでに超音波検査も受けたら、そっちで肝臓が引っかかっちゃいましたけど、余り深刻に考えないでもよさそうな感じでしたので、ホッとしました。

★neco村さんへ
最近は、こういうふうに鎮静剤(麻酔薬)と睡眠剤などを点滴しながら胃カメラっていうところも増えてきているんだそうですよ。ここはネットで調べましたが、アタリでしたね~。「日経ヘルス」っていう雑誌にも載っていたんですよw
とにかく無痛というのがポイントですね。good

鼻から入れるのをやっていた人もいましたが、その人は以前にすごく嫌な思いをしたことがあるみたいで、何度も先生に確認していましたが、先生は根気よく説明して、納得してもらってからやっていたので、ここなら大丈夫かなと思いました。
本当にあっという間でした。
終わった後は多少ふらふらしますが、私は歩けないほどではありませんでした。しばらくはちょっと頭がボーっとして、深く考えるとかはできない感じですが。でも、それもすぐとれました。

男性で、終わった後、両脇を抱えられてほかのベッドで休んでいる人もいましたから、個人個人で覚め方も違うのでしょう。(大腸の検査かもしれません)
覚めにくい人は覚醒するお薬も入れてくれるらしいですよ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« しいたけの明太マヨ&チーズ乗せと蒸し焼き芋♪ | トップページ | メジロの子? »