« 入院報告その1(持ち物) | トップページ | 入院報告その3(入院2日目・手術当日) »

2008年1月28日 (月)

入院報告その2(入院1日目)

これから入院生活を事細かに書いていきますが、あくまでも私の場合ということですので、ご承知おきくださいませ。これから手術を受けられる方の参考になれば幸いです。

   **************

1月24日(木)、入院一日目。時系列で書いていきます。

13:45までに1Fで入院手続を済ませ、病院スタッフから病室等の施設案内を受ける。ほかに、私と同じお部屋に入る人が1人。ご夫婦で来ている。私より少し若いかな?一緒にコインランドリーやお風呂などの説明を受けた後、一人ずつ細かいことを聞かれる。

会社に出す診断書が必要な旨を告げると、病院の書式のでよければ、入院時に言ってもらえれば退院までに間に合うとのこと。ホッ(^_^;)

生命保険の方は、書式が決まっている書類の場合は、後から請求しないとだめみたい。

病室は8Fの一番手前の4人部屋で、ナースステーションがすぐ近く。産科も一緒の病棟なので、時々赤ちゃんの泣き声も聞こえる。なんとなくネコみたいだなあ(^_^;)窓際のベッドで、明るくてよかった。トイレと洗面所は病室についている。

病室には、前日に手術を受けたらしい方が二人。カーテンが引かれていたので、どんな方かはわかりませんでしたが、声からすると、お若い方のよう。(お一人は40代ぐらいだったと母から聞きました)

14:30に母が帰る。荷物を整理し、パジャマに着替えて、化粧を落とし、横になって待つ。

ちゃーんとちび&ちびっこレンジャーは持ってきました。荷物がパンパンで、ほかの子たちを持ってこられませんでした(ToT)ゞ スンマセン

Cimg2339

15:00過ぎに看護師さんがあいさつに来る。看護師さんにレンジャーを「かわいいね~」と褒められる。(*^_^*)ちなみに、看護師さんたちは、ペンとか首からぶら下げるものなどにキティちゃんなどのかわいいグッズを使っている人が多い。

16:00ごろ、別の看護師さんが来て、採血5本、血圧、検温(36・7度)をする。体調などを書いた紙を渡し、便通や連絡先等、いろいろと確認される。

患者共通の入院生活の大体のスケジュールが書かれた紙と、「TCR・クリティカルパス」という手術に関するスケジュールが書いてある紙を渡されるので、それを見たりする。

シャワーは、9:00から21:00までいつでも入れるとのことだったので、ラミナリア挿入前にと思い、17:00ごろシャワーを浴びる。

18:00、夕食。

Cimg2340

とろろご飯、豚肉ソテー、大根の煮物、キュウリのサラダ、ヤクルト。

ご飯が来てすぐに、もう少ししたらラミナリアを入れるので、ナプキンを1個用意しておくようにと言われる。

ご飯は、まあまあの味でした。薄味ですね~

18:50にナースステーションわきの処置室に呼ばれ、林先生の診察。内診をして、その後、キョーフのラミナリア挿入。(ToT)

ラミナリアっていうのは、海草なんかでできた棒状のもので、水を含むとだんだん膨らむんですって。子宮口に入れて、手術をしやすくするんだそうだ。これが実は痛いと聞いていて、びびっていたんですが、検温に来てくれた看護師さんに、ラミナリアって痛いんですか?と聞くと、入れるときはちょっと痛いかもしれませんが、Sサイズの細いのを1本だけですし、それほどでもないですよ、と言われ、生理用の鎮痛剤を持っていったのですが、飲まないことに。

で、確かに、入れるとき、一瞬だけど、結構痛い。(ToT) が、入れてしまった後は、全然大丈夫でした。経産婦なんかだと、入れない人もいるようです。人によって随分違うのですね。ま、相変わらず、内診用の器具を入れる時は痛いんだけど(ToT)(ToT)

ラミナリアを入れたので、19:00ごろ、バンスポリンという抗生剤を飲み、検温される。

それが終わった後、一応テレビカードを買いました。シャワーも浴びちゃったし、暇なのよね~。本を読んだり、テレビを見たりして過ごしました。

ラミ入れの後、シャワーでもいいらしいです。でも、混むかなと思って、先に入ったんですよね。

入り口側のベッドの人は、24日に手術をされた人みたいなんだけど、麻酔のためか、午後ずっと気分が悪いようで、晩御飯もほとんど食べていなかった。もう一人の人は、割と大丈夫みたいで、ご飯もちゃんと食べていました。人によってこんなに違うんだなあ。

21:15、眠剤を処方され、飲む。朝まで物すごいぐっすり眠れました。(アハハ(^_^;))

21:00以降は絶飲食。水も飲めません。(お薬は飲みましたが)明日の朝も。

21:30 消灯。とうとう明日は手術です。おやすみなさい・・・・・・

その3に続く。

« 入院報告その1(持ち物) | トップページ | 入院報告その3(入院2日目・手術当日) »

病院日記」カテゴリの記事

コメント

ぺんたさん、こんにちわ。まちねぇです。
またコメントしてしまいます。。。

・ラミナリア
ラミナリアは私もとても怖くて、いざソノ時に林先生に「・・いっ、痛いんですよね・・・」とおずおず切り出すと、「ん?だいじょぶよ~わたしがやると痛くないよ~そこまでいわれたら腕の見せ所だね~(笑)」と豪語していました。その言葉どおり、あまり痛みを感じることはなかったです。たぶん、かなり個人差があるのでしょう。

・夕食
私は術後周囲が驚くほど元気で、ぺんたさんのアップされた夕食を当然ながらおいしくすべていただきました。全体的に薄味なので、ふりかけを持っていくとよかったな~と思いました。

・部屋
ぺんたさんと同じ部屋ではなく、「回復室」と書いてあるぺんたさんの斜め向かいの部屋にいました。ニアミスですねw。

何か読みながら自分が実際に経験している
感じになってドキドキしてきちゃいました。
実際は無事に終わっているのに
「どーなっちゃうの?」っと、その3が心配です。。。

★まちねぇさんへ
そうですね~、私も怖い怖いと思っていたので、覚悟はしていたんですが、入れるときはちょっとちくっとした感じでしたが、入れちゃった後はおなかもいたくならないので、あれ?という感じ(^_^;)
しかし、先生も腕の見せ所っていうのがあるんですねww
私も術後の食事、全部おいしく食べましたww
しばらく頭はぼーっとしていたけど、食欲はあったです(^_^;)
お部屋はニアミスでしたね~

★たけうささんへ
入院するにあたり、ノートを持っていって事細かに記録してきたんですよ~(^_^;)細かいことって忘れちゃうし。
わからないところは、母や看護婦さんに聞いたりして。
それで気がまぎれるところもありましたよ。ふーん、こーなっているのかあ、なんて思ったりして。いろいろ考えると怖くなっちゃうしね。基本的にのんびりで楽天的な性格なんで、そのあたりはよかったのかも。何より、一緒に入院したお向かいさんのほうが具合が悪そうで、大丈夫かなあ、なんて思っていました(^_^;)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 入院報告その1(持ち物) | トップページ | 入院報告その3(入院2日目・手術当日) »